【脚本・演出】
アガリスクエンターテイメント『新宿コントレックスVol.16』
2017年6月30日(金)〜7月1日(土)@新宿シアター・ミラクル
【出演】アガリスクエンターテイメント/アナログスイッチ/ストリーキング計画/笑の内閣
【予約】6月3日(土)よりこちらから

【脚本・演出】
アガリスクエンターテイメント『新宿コントレックスVol.17』
2017年7月28日(金)〜7月29日(土)@新宿シアター・ミラクル
【出演】アガリスクエンターテイメント/壱劇屋/小西耕一 ひとり芝居/日本のラジオ
【予約】6月30(金)より

【脚本提供】
ホットポットクッキングPresents『榊原さんは永遠に憂鬱なのかもしれない』
2017年7月26日(水)〜8月2日(水)@中野MOMO
【予約】こちら から

2015年08月28日

『七人の語らい/ワイフ・ゴーズ・オン』=アガリスクエンターテイメント

黄金のコメディフェスティバル2015、現在開催中です。
ご来場下さった皆様、誠にありがとうございます。

閉幕も近づきましたが、どうしてもまだまだ多くの方に観て頂きたいので、ちょっとここらで今回の作品についてお話を。

今回、『七人の語らい/ワイフ・ゴーズ・オン』という作品を作りました。タイトルの途中に「/」とか入っていて「え、一本なの?二本なの?」とややこしい感じですが、一本の作品です。

これは、“典型的な海外シチュエーションコメディ(主人公が浮気とかお金とかで周りに嘘ついて、誤魔化して、その結果誤解が膨れ上がり、逆にどんどんピンチに陥っていく様を観察するような、そういったコメディです)”と、アガリスクが最近やっている“会議で理屈をこねて、多数決で何かを決めていくコメディ”を掛け合わせたコメディです。
掛け合わせたことにより話が全然進まなくなる様子を笑うコメディです。

なんでこんなヘンテコなコメディをわざわざ作ったのか、というと、自分達が10年間やってきた“シチュエーションコメディ”というものをもう一度信じる為です。

そもそも僕は、三谷幸喜氏の『君となら』や『バッドニュース・グッドタイミング』を見て、こういうものが自分でも作りたいと思って演劇を始めました。
と同時に、演劇の勉強もしないまま、演劇の環境もないなか、劇団を作って自作を上演し始めました。なぜなら、演劇をやりたいとか劇団をやりたいとかじゃなく、こういうコメディを作ることだけが目的だったから。

しかし、自分で作って上演したり、他劇団が上演しているシチュエーションコメディ(オリジナルのものも、海外の傑作シチュエーションコメディと言われるものも)を見るにつけ、だんだんと疑問が募っていきます。
「これは、演劇として、もっと言うと“人を笑わせる表現”として、本当に面白いのだろうか…?」と。

21世紀の演劇表現を見渡すと、もっと斬新な演出も、胸をえぐる物語も、見た人間の好奇心を刺激する設定も沢山生まれています。
翻って“人を笑わせる”という観点で他分野を観ると、最初の数秒から最後のオチまで人を笑わせ続ける漫才や、時に演劇よりも示唆に富んだコントもあります。

そんな中で、セットを組み、人物を大勢出し、長い上演時間をかけて、お話に沿ってしか人を笑わせられないこのジャンルは、果たして表現として優れているのだろうか。
そんなことを考えるようになりました。

しかし、どれだけ違うことを考えようとしても、僕たちの思考は、志向は、ここに向かってしまいます。
ついついお話の中で、手順を踏んでネタを展開させようとしてしまいます。
そして、積み重なった状況が生む“何をしても面白い”無敵時間を、笑わせた先にしか到達できない物語を知っています。

だから今日も、様々な疑問を、呆れを、疑いを屁理屈に乗せて、シチュエーションによる笑いを作ります。

大嫌い 大嫌い 大嫌い 大好き ah


ということで、“嘘ついて誤魔化す型シチュエーションコメディ”をやるために劇団を始めた我々が、このジャンルに引導を渡し、もう一度愛するための集大成です。
今回は、昨年準優勝だったコメフェスのリベンジであると同時に、かつて同じような視点で作ったもののコメディとして完成させられなかった『死チュエーションコメディ』のリベンジであり、同じような思想で作った代表的短編『エクストリーム・シチュエーションコメディ』のようやく出来た発展形です。

あと残りのステージは今日8/28(金)の16時、29(土)の13時、そして30(日)の全団体ぶっ通しの12時の3回。
そして、優勝したら公開収録の8/31(月)か。

いつまででもやってたい作品ではありますが、と同時に、コメディフェスティバルでやるからこそ意義のある作品だとも思っています。

アガリスクエンターテイメントを知っている方、シチュエーションコメディを知っている方、是非この作品は見て頂きたいです。
これが、アガリスクの、エンターテイメントです。


■公演詳細■
アガリスクエンターテイメント
黄金のコメディフェスティバル2015参加作品
『七人の語らい/ワイフ・ゴーズ・オン』

●頂いた感想のまとめ→http://togetter.com/li/865417

●ご予約→https://ticket.corich.jp/apply/64153/006/
または何かしらの手段で冨坂までご連絡下さいませ。お席をご用意します!

●公演情報
【会場】
シアター風姿花伝(東京都新宿区中落合2-1-10)

【タイムテーブル】
2015年8月
〜残り〜
28日(金)13:00チョキ/16:00★パー/19:30グー
29日(土)13:00★パー/16:00グー/19:30チョキ
30日(日)12:00ぶっ通しスペシャル/20:00 授賞式
※受付開始は開演の45分前より。開場は開演の30分前より
※本公演は、6団体が3つのチームに別れ、2団体の45分間の作品を同時上演します。
※アガリスクエンターテイメントは★パーチームです。

【料金】
○一般
前売3,500円
当日3,800円
○高校生以下(要学生証)
前売2,500円
当日3,000円
○一日通し券
8,500円(3公演ある日)
○千穐楽ぶっ通しスペシャル
8,500円

【あらすじ】
”ーーー集められたのは七人の男女、決めるのは一つの評決。”
平和的な話し合いが、皆の私利私欲と謀略によって泥沼の戦場と化していく様を描く会議コメディ『七人の語らい』。
”二重結婚している男の妻同士が偶然鉢合わせ…!”
双方の家庭を守るため、二人の妻にその事実を隠そうと奔走する男の、嘘と誤解のシチュエーションコメディ『ワイフ・ゴーズ・オン』。
アガリスクエンターテイメントは、どちらをやるべきか迷っています。

…という二つの作品案を掲げるアガリスクがお送りする、「屁理屈シチュエーションコメディ」の真骨頂!
誰も見たことがないのに、何よりもアガリスクらしい。そして、どこよりもウケる作品。
そんな芝居を引っさげて、コメディの祭典に臨みます。

【出演者】
淺越岳人
鹿島ゆきこ
塩原俊之
沈ゆうこ
(以上アガリスクエンターテイメント)
津和野諒
矢吹ジャンプ(ファルスシアター)
斉藤コータ(コメディユニット磯川家)

【作品情報】
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=65033

◆全参加団体やチーム内訳など、黄金のコメディフェスティバル2015の詳しい情報については下記公式サイトをご参照ください。
http://come-fes.com/


posted by アガリスク at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。